推手を競技として行なう「競技推手」の研鑽を通じて、伝統武術の振興を志向する団体です

活動

当連盟では、流派にとらわれない武術交流を通して、技術の研鑽に取り組んでいます。

セミナー

葛西代表顧問、板野代表教練による集中セミナーを開催しています。テーマは都度、変わりますが、参加人数を絞って、極力マンツーマンの時間を取る構成にしています。

練習会

有志による練習会です。内容は基本的にセミナー内容の復習となります。

視覚障害者向け教室

触覚が重視され、身体が接触した状態からスタートする推手は、台湾では、パラスポーツとして広く行なわれています。当連盟では、「しなともカフェ」内にて、視覚障害者の方向けに推手を広げる取り組みを続けています。

日本大会(当連盟主催)

台湾大会ルールに即した大会を年に一度、開催しています。

台湾大会出場

葛西代表顧問が台湾で修行を積み、模索を続ける中で積み上げてきた数々の試合結果は、日本人では初めてのものばかりです。そのノウハウ、トレーニング技法を共有し、強化合宿、集中セミナー等を通して、チーム全員の上位入賞を目指します。
アジア各国、欧米、ロシア等々から選手が集う世界大会(世界杯太極拳錦標賽)、総統(大統領)の名を冠した全国大会(總統盃全國太極拳錦標賽)をはじめとした、台湾で開催される大会で、すでに多数の入賞者を輩出しています。

投稿日:2019年2月8日 更新日:

執筆者: