推手を競技として行なう「競技推手」の研鑽を通じて、伝統武術の振興を志向する団体です

連盟規約

  1. 総則
    1. 全日本競技推手連盟(以下「当連盟」)では、他の会、企業、宗教の勧誘、販売などに相当する行為を禁止します。
    2. 団体・流派・個人間の諍いを、当連盟における試合や練習に持ち込むことを固く禁じます。
    3. 他の武術等との併修を予定されている方は、所属団体・教室の了承を得ることが当連盟入会の必須条件となります。
    4. 3ヶ月以上無届けで稽古を休んだ場合は退会となります。
    5. 事前に通告をされた方は休会扱いとなります。休会期間中の月謝、休会費などはかかりません。休会期間は、原則、最長一年間とします。
    6. 当会においては、諸連絡にSNS・電子メールを利用します。入会者にはそれらの受発信環境の確保をお願いしています。
  2. 指導・教授・公開・大会出場
    1. 当連盟代表の教授にしたがい練習を行うこととします。
    2. 当連盟における指導は、代表および代表が認可した教練のみ行なうことができます。
    3. 当連盟の教授内容・練習内容の動画撮影は、原則としてこれを禁止します。
    4. 当連盟の教授内容を、認可を受けることなく勝手に他者に教授・公開することは、金銭の授受如何を問わず、原則としてこれを禁止します。
    5. 他者への教授・公開は認可制とします。
      1. 教授希望者は必ず事前に代表との面談を行なうものとします。
      2. 教授範囲については、認可の際に決定します。
      3. 当連盟の支部組織であることを明確にした上での教授行為については、別途、代表の面談・試験を経て、認可を受けることとします。
    6. 台湾における競技推手大会に参加する際、現地との仲介を希望される場合は、必ず当連盟に所属することを前提とします。
  3. 月謝およびその他費用
    1. 6ヶ月以上月謝を滞納した場合は退会となります
      退会時の月謝返金は行いません
    2. 詳細については、当連盟サイトに掲載している内容に従うものとします
  4. その他細目
    1. この会員規約は会員に予告なく改定する場合があります。改訂後はただちにサイト上に掲載しそれをもって周知したものといたします。

[修正履歴]
2017年3月27日 初版

投稿日:

執筆者: